So-net無料ブログ作成

野田へ。 [くま散歩]

さて、前回記事からの続き。

野田へ~行こうらんららん♪野田へ~行こうらんららん♪
って懐かしいフレーズの替え歌を歌いながら、駅前からの道路をまっすぐ歩くと~、大きな工場が左側、倉庫(?)が右側に整然と並んだ大きな道路です。道沿いに並んだ街灯を見ると、橋を渡る汽車をかたどった飾りが(下の部分)。心霊写真じゃないっす^^;

gate-front.gif

強い日差しに影絵のように見えてイイい感じ。

gaito.jpg

目指したのはここ。キッコーマンもの知りしょうゆ館(野田工場)。醤油が作られる行程を見学できるそうです。ただ、結構な人気なので、必ず予約が要ります。実は自分甘く考えてて、野田へ着いてから電話したら本日の見学コースの予約はいっぱいだと言われました[がく~(落胆した顔)]orz。父の日を前にお父さん株を落とすことになるので注意してくださいね[あせあせ(飛び散る汗)]

見学はだめになりましたが、売店やまめカフェには入れるのでご安心を。工場入口で警備の方に声をかけて挨拶して、名前などの必要事項を用紙に書きます。

gate.jpg

その用紙を持ってゲートから緑色の地面を歩いて暫く行くと、もの知りしょうゆ館に着きます。小学校の団体さんもバスで見学に来るところのようで、バスを駐めるところや、運転手休憩所なんかもあります。見学楽しいだろうなぁ。

enter.jpgfront2.jpgfront1.jpg

建物の入り口からしばらく歩くと、ゲートから連絡があったのでしょう、係のお姉さんが待っていてくれて、入り口で書いた用紙を渡します。見学者でもないのに、ここでおみやげを頂きました。このおみやげって店で売ってる普通のキッコーマン醤油差しでした。二人で行ったので2本ももらってしまった^^;スゲー

入ってすぐのロビーに巨大キッコーマン醤油差し。記念写真スポットになるんでしょうね♪そしてこのロビーの奥には売店、左側から奥まったスペースにかけてまめカフェになります。

ShoyuFig.jpgMameCafeSign.jpg

まめカフェには醤油にちなんだメニューがあって、生しょうゆうどん150円、しょうゆソフトクリーム250円等々、無料の豆腐でしょうゆの味比べなんてのもできます。楽しそうなのは、せんべい焼き体験が210円で出来るのですが、大人気なので大抵は待ち時間が要るようです。それもそのはずで、生地から自分で焼いて焼きあがったら醤油をつけてと、子どもじゃなくても絶対楽しいよこれ^^[ぴかぴか(新しい)]

せんべいは大人気だったので、子供たちに譲って(笑)、しょうゆソフトクリームを頂きました。ほんのり上品にしょうゆの香りがしてこれは美味しい!春に九州の臼杵で味噌ソフトクリームを食べましたが、それよりも醤油のほうが勝ちです。これは絶賛おすすめ[揺れるハート]

MameCafe.jpgshoyusoft.jpg

そして売店。キッコーマンの食品やおみやげが並んでいますけど、ここは工場のお店というだけあって、限定の丸大豆生しょうゆが売っています。

shop.jpg

これこれ。小瓶(250ml)735円でクーラーバッグ無料サービスです。もちろん買って来ました。卵焼きなどに普通に使っても普通に美味しいですけど、これはやっぱり刺身などのナマモノ系につーっと付けて食べると、さすがに違いますよ~[ぴかぴか(新しい)]

この生しょうゆをかけて、自分が一番美味しいと思ったのは、白いかの刺身と木綿豆腐の冷奴[ひらめき]。多分人によって違うんだろうけどね。

namashoyu.jpgNamaShoyuB.jpg

えっと、初めて見たキッコーマンのキャラクタ。TVには出てないのかな。醤油差しスタイルの女の子は、このコーナーの案内役のようでした。赤い帽子がオシャレですが、踊ったりおじぎしたりするとしょうゆがこぼれそう。(笑)

Naani.jpg

と言うことで、見学はできなかったけど、意外に楽しんで帰ってきたキッコーマン工場と、初めての野田散歩でした。買ってきた生しょうゆが切れたころまた行こうかと、もうリピートする気満々です。今度は見学の予約入れないとな。[わーい(嬉しい顔)]

そうそうおみやげに貰ったしょうゆはこれ。普通にスーパーで売ってるガラス瓶の本物のしょうゆ。嬉しいようなそうでもないような^^;

Omiyage.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0