So-net無料ブログ作成

初登山(笑) [くま旅百景]

もう2週間以上前ですが、12/8に埼玉の天覧山へ登ってきました。

天覧山は秩父の手前に位置し、最寄り駅は西武池袋線の飯能です。駅から20分も歩けば登山口へ行けるでしょうか。っていう近い山です。

駅からの地図がこれ↓。道のあちこちに立っている看板地図なんですが、この地図が役に立ちません!

地図を前にして立ったときの方角がよくわからない。目印が少なすぎるので、曲がる場所がよくわからない。吹き出しが道路の上にかかっているところが多く、道路が見えづらい(泣)全然ダメです。飯能さんこれはいかんです。

map614.jpg

いきなり文句ばかりで申し訳ないですが、ここに行くときは現地の地図に期待してはいけないです。ちゃんとした地図を確保しておきましょう。道路に立っている地図を頼ると迷います。間違います。

そんなこんなで、イライラ[むかっ(怒り)]しながらでも寄れた観音寺。天覧山に行く途中にあるんです。ここの鐘楼堂には白い像さんがいるんですよ。これが見たかったのよね。もともとはちゃんと鐘があったんですが、戦時中に供出されてしまったという。

kannon614a.jpg

白い像です。

kannon304b.jpgkannon304a.jpgkannon304d.jpgkannon304c.jpg

遅かったかなと思いましたけど、まだ美しい紅葉は観られました。

koyo304b.jpgkoyo304a.jpgkoyo304c.jpgkoyo304d.jpg

観音寺をあとにして天覧山に向かいますが、そこでまた謎の道路標識に騙され遠回りして登山口に到達[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)](通常ルートと近道の表示があべこべになっていたとしか思えない標識でした[パンチ]

実を言うとこの天覧山は、標高約195メートルなんですよ。ハイキング感覚で行けちゃうので、はいこれ山頂。それでも山なので人生初登山だったわけです。断じて丘ではありませんよw

tenranMt614a.jpg

ねね、山頂。ちゃんと書いてあるし。

tenranMt614b.jpg

こちら、お山から頂いてきた紅葉です。たくさんありましたが3葉厳選。美しか~

moniji614.jpg

本に挟んで、しばらく重しを載せて。紅葉の押し花を作りました。ちょっと色は落ちたけどきれいにできたんで、小学1年生の時の恩師に送っちゃいました。喜んでくれればいいなぁ。

oshiba614.jpg

最後に。天覧山行ったのは、アニメのヤマノススメに影響は多分にあります。(笑)

美味しいお酒も、お菓子も買えたし、美味しいうどんも食べられたし。地図以外の飯能はほっこりいい感じでした[黒ハート][ぴかぴか(新しい)]


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ちびまる子ちゃんランド2018 [くま旅百景]

そうだ、今回もちびまる子ちゃんランドに寄った(10/26)ので、画像を中心に貼っておきます。前回は2016年行ってますね(その時の記事はこちら)。あまり変わっていませんが、今回は平日だったんでかなりゆっくり見られましたw

ちびまる子ちゃんランドは、ここエスパルスドリームプラザの3Fに。

view614.jpg

うえるかむ~[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

welcome614.jpg

今回はキャラクターパネルがいっぱい。

panelnagsawa304.jpgpanelhanawa304.jpgpanelmaruko304.jpgnozokimaruko304.jpg

教室も生徒は自分たちだけでした(笑)

homeroom614.jpg

こいつらはいますけどw

homeroom614b.jpg

もう、この人達はw

jirochomaruko304.jpg

スタンプラリーもやってたので、子供連れて行ったらいっしょに楽しいと思うよ。お土産は充実しているし、懐かしいものも展示されているので、意外に親がハマるかもですよ。くっくっくっくっく

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

清水ナイト2018 [くま旅百景]

清水ナイト。といっても、美味しい居酒屋で飲んで食べるだけw。前回の記事の続き。

清水に泊まるなら、夜は美味しい刺身とお酒を楽しみたいじゃないですか。で、2年前に行ったお店にまた行ってみたんですが、これが基本的な大失敗。予約しておくべきだったんですよ。

ネットでも見てたんですが、2年前よりさらに人気店になってるのはわかっていたのに・・・怠ってしまったのですよ、予約を。

開店早々に行ってみたものの、「本日はもう、予約のお客様でいっぱい」ということで入店できず。まったく想定外だったんで_| ̄|○ il||li、正面から顔面にパンチをくらった気分・・・
(この店[バッド(下向き矢印)]で飲む予定でしたw)

maruryo.jpg

第二候補なんて考えてなかったし、しょうがないのでホテルに戻ってゼロからお店探しw。まぁ、チェーン店に行けばどうにかなるかもしれませんが、旅先まで来てチェーン店じゃつまらないし、清水に来た意味がない。

いくつかピックアップして電話して、当日予約が取れて店に行けたのがほぼ2時間後・・・空腹と疲れがピーク(笑)ドラフトのように、ハズレ1位であることを祈りつつ。

「福助」という駅前商店街を少し入ったところのお店です。名前からして古そうで店の構えも渋いんですが、店内は片付いていてきれいなお店でした。お店の方もいい感じで第一印象は◎で期待できそうです。

さっそく、ナマモノはお刺身行かないと♪おまかせ3点盛りと生しらすをお願い!

sashimori614.jpg

刺し身は3点盛りと言いながら、ありゃ?4点あるんじゃないか?これで815円は嬉しすぎ。生しらすもとってもきれいで美味しい!見てこれ?

shirasu304.jpgmori304.jpg

ナマモノ以外も美味しい。静岡名物黒はんぺんのフライ(左)を初めて食べました。これ美味しいですね[ぴかぴか(新しい)]唐揚げもうんまい~

kurohanpen304jpg.jpgkarage304.jpg

ていうことはね、やっぱり焼きも美味しいわけです。焼き鳥も塩サバもほれこの通り、きれいに出していただきました。

yaki614.jpgsaba614.jpg

地元のお酒も十分揃っているようなので、楽しめました。紛れもなくハズレドラフト1位店で良かった。結果的に大正解のお店でした。最初の店を失敗したことなんか忘れましたね。悔いなし。

下の写真は次の日の朝に撮ったものですが、やっぱり渋いや。でもいい感じ[わーい(嬉しい顔)]

front304.jpgsake140.jpg

福助のホームページはこちら
開店時間が変わる事があるようですし、当日でも電話してから行くことをおすすめします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

静岡鉄道~ちびまる子ちゃんラッピング [くま旅百景]

先月10月でしたけど、プチ遠征ということで清水まで行ってました。

2年前の秋にも行ったんですけど(その時の記事)、ちびまる子ちゃんのさくらももこさんが亡くなってしまったこともあってもう一度。

今回は静岡鉄道のちびまる子ちゃんラッピング電車にも乗るのも目的の一つ。

その前に清水駅前で、ちびまる子ちゃんデザインのマンホールの蓋を発見。これって作者のさくらももこさんが生前に寄贈したものですね。赤い帽子のほうはJR清水駅の江尻口出口下、黄色い帽子のほうは新静岡セノバけやき通り口前です。(詳しくはこちら)大事にされればいいですねぇ。

manhole1.jpgmanhole2.jpg

さて、ちびまる子ちゃんラッピング電車です。ラッピング車両の運行スケジュールを調べて新清水駅へ。入線してきましたよピンクの電車がw

shinshimiz_st1_614.jpg

この路線は市民の足になっているようで平日は人が多いようですが、この日は土曜日の午前だったので人もまばら。気のすむまで眺めて写真撮ってきました。つり革もまる子です。

shinshimiz_st2_304.jpgtsurikawa304.jpg

ヘッドマークは「ちびまる子ちゃんランド」ですね。

headmark304.jpgshinshizoka304.jpg

ドアの左右にキャラクターを配置して「ようこそ清水へ」というデザインにしたのかも。ドアの裏側にもラッピングしてあって、乗車したらしたで中のラッピングもながめて歩くのも面白いです。2両編成なので時間はかかりませんよ。

closedoor480.jpg ←ドアが開く前body3_614.jpgbody1_614.jpgbody2_614.jpg

こちらは、新静岡駅と新清水駅にあった記念撮影用のボード。車両前面のデザインで、キャラに挟まれて写真が撮れます。いずれも改札内。

panel_shinsimiz.jpgpanel_shinsizoka.jpg

静岡鉄道清水線、ちびまる子ちゃんラッピング電車の旅でした。

後半へ続く!(キー◯ン山田)

かもw

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

干物帝国沼津 [くま旅百景]

前回の続き。GWのハザマに行った沼津。本来の目的は富士山眺めることとナマモノ。天気はスカッとクリア!とまでじゃなかったけどこんな感じ。しばらく富士山も見えてたし。沼津港内海上からも見たくて、奥にいる遊覧船に乗船。所要時間約30分のクルージングコース。GWはざまなんでそれほどの混雑はなくてラッキーでした。

port614.jpg

海上から観る富士山は初体験[ぴかぴか(新しい)]少し霞んじゃってるけどきれいなお姿。いやーぁ良いもん見れた。満足満足♪

fuji614.jpg

富士山観る前に、少し早めのランチしてました。港なんで食事処はどこも美味しそうだし、美味しいに決まってる。なので、今回は最初から決めておいたみなと新鮮館内の港食堂。期待大です♪

minato614a.jpg

お刺身系のナマモノは夜の楽しみにして、お昼は干物で攻めてみようと決めてた。

minato614b.jpg

特上キンメ干物定食!美味しくてほじり倒していただきました。美味しい干物はご飯が足りなくなる。ここはありがたいことにご飯と味噌汁はフリーなんですよ。自分でも驚くほど2杯めも食べられますwある意味危険かも(笑)。

kinme614.jpg

こちら特大サバ干物定食!大きなサバでした。身は柔らかくてとってもボリュームがあって、程よい油かげんがご飯に合う合う。とっても美味しい!

saba614.jpg

そうそう、ご飯はおかわりフリーです。気のせいかもしれませんが、2杯めのご飯のほうが美味しく感じましてね。行ったらぜひおかわりして試してみてください。おかわりはセルフサービスですからw

沼津は干物帝国。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

沼津こいフェス? [くま旅百景]

記事内容が日付的に前後しますが、4/30と5/1に沼津へ行ってきました。目的はきれいな富士山を見て、美味しいナマモノを食べるため。

ちょっと今回はそれは置いといてw、ちょうど沼津こいのぼりフェスティバルが開催中でした。市内を流れる狩野川の緑地にこいのぼりをたくさん揚げるってイベントのようです。

規模の差はあっても、こいのぼりを揚げるイベントはよくあるんで、橋の上から見ながら通り過ぎたんですよね。そうしたら、沼津のこいのぼりは「干物のぼり」が泳ぐってのを後から知りましたw

koinobori614.jpg

え?ってんで、撮影した写真を後から確認すると・・・

あ!ほんとだ!干物も泳いでたっ(笑)

himono614.jpg

ご当地と言えばそうなんですが、いろいろあるんですなぁ。頑張ってますよね~[わーい(嬉しい顔)]いいぞいいぞ

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

関ヶ原の合戦、開戦地へ [くま旅百景]

島津義弘陣地を離れて、次は関ヶ原開戦の地へ。道なりに200mちょっとでしょうか。この辺はほぼ平地だし、道も舗装されているので移動は楽。

kaisenchimap.png

ここは見通しが良くて遠くからも「開戦地」ののぼり旗が見えるのでわかりやすいです。

flagland614.jpg

開戦地の少し手前を奥に入ったところに、小西行長の陣地跡があります。旗が見えた途端に、スカッと忘れてしまいがちなので注意です。自分もすっかり忘れましたっ[あせあせ(飛び散る汗)]だから写真はありません[たらーっ(汗)]

小西行長は洗礼名を持つキリシタン大名で肥後宇土城主。関ヶ原合戦では西軍の一翼として奮戦。ですが、キリシタンであるがため、敗戦後も切腹はしなかった、いやできなかった。

さて、小西さんをすっかりわすれて、のぼり旗を過ぎると開戦地の記念碑と説明ボード。

board614.jpg

朝霧が薄くなったの見計らった松平、井伊隊が、先峰の福島隊の脇を物見のためと称して通り抜け、西軍宇喜多隊の前へ進出して鉄砲を撃ちかけた。出し抜かれたことに怒った福島正則も、宇喜多隊や小西隊に向けて射撃を開始。というのがこの場所といわれています。実際の開戦地はこの記念碑より300メートル南のようで、土地の整備によって移動されているようです。

しかしながら、この周辺ということで許容範囲ではないでしょうか。それに、周辺は今は田んぼで遮るものがない、当時のままの地形であることを思えば、実際にこの地を武将や兵士が駆け回った同じ土の上に立ってると思うと感慨深いものがあります。実際その現地へ行ってみるっていうのは、こんな何とも言えない気持ちがこみ上げてくるのがたまらないもんです。これって学んだだけでは体験できない貴重な経験だと思っています。

kaisenchi306.jpg

このあたりはこのように開けているので、駐車スペースはあります。

flag614.jpg

この時期(11月中旬)開戦地前はススキ野原が見事な景色になってました。1600年前にタイムスリップできそう。勝手に自分の世界に浸ってご満悦にひととき。ほぇぇぇ~[ぴかぴか(新しい)]

gotonext614.jpg

次は最初に鉄砲撃ちかけられ、大奮戦した宇喜多陣地へ参る。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

島津義弘陣地へ着陣 [くま旅百景]

引き続き西軍陣地巡りに出発。

ここで改めて今までのルートをマップ上で確認してみます。決戦地石田三成陣地跡島左近陣地、そしてココカフェランチでひと休み。その後はいよいよ島津義弘陣地跡に向かいます。オレンジのラインを移動しました。

map1.png

現地で歩いてみてよく分かるのは、古戦場とされる関ヶ原は思いの外狭い。戦のさなか、三成が自ら馬駆けて島津陣地へ出向き出陣を要請したとされます。この辺は高低差もあまりないので、この距離ならなるほどと思えます。

関ヶ原での両軍布陣の様子を俯瞰した、わかりやすい動画がありました。時間経過での軍勢の動きも盛り込まれたら、また面白いものになったかもしれませんが、回転するので軍勢からの目線での相対位置がつかみやすいです。


島津義弘の陣地跡です。本来は徳川支援で来たものの、成り行き上西軍として関ヶ原に参戦することになってしまったとのこと。それよりも有名なエピソードは、後方へ退却せず、前方の敵に向かって敵中強行突破した撤退戦が「島津の退き口」。さすがに犠牲は多かったようですが、西軍は敗れても島津ありと全国に武勇を知らしめたエピソード。

simaz04.jpg

simaz01.jpg

simaz03.jpgsimaz05.jpgsimaz02.jpg

島津義弘は後に、小早川勢の寝返りで大混乱の西軍の中にあっても、「5000の島津兵であれば勝てた」と言い放ったと。

「島津の退き口」のエピソードによって、後世まで「島津強し」のイメージを日本中に定着させたさことの功績は大きかったですね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

腹がへっては・・・【関ヶ原】 [くま旅百景]

前回まで、石田三成と島左近陣地を巡りましたが、これよりちょっと離れて島津、小西、宇喜多、大谷陣地と巡るにはお昼を済ましておく必要があります。ここ古戦場内に唯一(たぶん)のカフェ、ココカフェでランチすることにいたしましょう。

ちゃんとした正面からの写真を撮るのを忘れてこれしかないですが、この写真は悲しいかなお店の裏側です。駅の方から歩いてくるとこの感じに見えるので、コンテナを利用した簡単なお店かと思いきや違いますよ!

cococafe_614a.jpg

この通り、店内はきれいでとっても清潔感のあるお店です。女性にとっては重要ポイントかと思いますが、お手洗いが広くてとてもキレイです。うちの奥さんがとっても喜んでおりました。空間が広いので、ゆっくりできて居心地が良いお店です。さらに、オーナーさんはとても歴史好きのようで、関ヶ原関連のアイテムやお土産、情報誌などがたくさん並んでいます。これは素敵すぎて退屈はしないです!

incafe614.jpgincafe614b.jpg

そしてこれが、ココカフェ特製合戦カレーランチ。飲み物付きは1000円です。西軍大将の石田三成の兜をイメージしたものですね。一見少ないように見えるんですが、ほぼほぼ満足感はあります。特に美味しいのは、一緒についてくるコーンスープが濃厚とっても美味しい。満足感が濃いのは、このスープ(左上)が一役買っているせいかと思う。

curry614.jpg

ということでお腹と気力を満たし、西軍陣地をまだまだ巡るのであります。次は島津陣地へ行くぞ~!やる気!元気!島津!ちがう・・・

だんだん布陣先が山の中に入ってくるわけで、山歩きっぽくなってくるんだよなぁ・・・あはは

《関連》武将の石田三成は近年特に人気ですが、こちらに三成の人となりを中心に書かれた面白い記事がありました。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

十和田観光電鉄旧三沢駅舎と青い森鉄道三沢駅 [くま旅百景]

正月1/2に三沢駅を発つ際にこれで見納めかとなと思って、十和田観光電鉄の旧駅舎を覗いてきました。

老朽化しているので仕方がないんですが、今年の春には取り壊しが決まっている駅舎。でもバスの発着所としてはまだ現役(たぶん)。それにここの駅そばは大人気で、地元の人はもちろん遠くから食べにくる人も少なくないんです。店のおばちゃんたちも明るくて好きだしね。

10testu_st614.jpg10testu_st614b.jpg

自分も食べたかったんですが、この日1月2日は2018年の営業初日で9時開店(いつもは8時開店)!乗る電車は9:05なので泣く泣くあきらめ(TдT)。同様なおじさんを数名目撃「くやし~」と言って引き返す人がw自分だけじゃないんだよな~(笑)

ekisoba614b.jpgekisoba614a.jpg

昨年の4月にも来ていましたが、ほとんど変わりのない構え。いやいや、これって絶対数十年変わっていない。ここだけ時が止まってしまっている。

こっちは隣りにある青い森鉄道の三沢駅。新幹線が通る前はJR三沢駅。この駅舎は新しめなんですけが、十和田観光電鉄の駅舎を取り壊すタイミングで、この一帯の再整備が始まるらしい。

misawa_st614.jpg

掲げられていたイメージ図を見ると、駅に複合施設を併設して、それを中心にターミナルと広場を整備して広々とした駅前にするようです。楽しみなような残念なような複雑な気持ち。

st_image614.jpg

でも!おばちゃんたちが作る駅そばの店は、ぜひぜひこの駅には残して欲しいもんです!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行